■■2019年宮崎県弁護士会死刑問題市民シンポジウム「望むのは死刑ですか 考え悩む“世論”」■■
2019.07.05
日本では、2018年、オウム真理教関係の事件を中心に、15名という大量の死刑が執行されました。その一方で、世界では、凶悪事件やテロ事件が後を絶たない中で、死刑執行停止や廃止が広がっています。
死刑は存続されるべきなのか、それとも廃止されるべきなのか。
本シンポジウムでは、”世論”の葛藤に迫るドキュメンタリー映画とパネルディスカッションを通じて、市民の皆様と共に、死刑について一緒に考えていきたいと思います。

 詳細は,こちらのチラシをご参照ください。

<日時・場所>
2019年8月24日(土)13:00〜16:30(12:30開場) 
於 宮日ホール(宮日会館11階)

主催:宮崎県弁護士会
共催:日本弁護士連合会、九州弁護士連合会

この件に関するお問合せ先:宮崎県弁護士会 0985−22−2466

  • ページトップへ
  • ホームに戻る